光回線の引っ越し手続きは?エリアや工事費など注意点を徹底解説!

目次

これから引っ越しを控えている人にとって、現在の光回線は転居先でも利用できるのか、引っ越しにはどんな手続きや費用が必要なのか、気になりますよね。

光回線の引っ越し(移転)には、エリア工事費など事前に確認しておきたい注意点がいくつかあります。
キャンペーンでお得に引っ越しできる場合もありますが、乗り換えたほうがお得な場合も

この記事では、光回線の引っ越し前の確認事項や引っ越しの手順、お得なキャンペーンなどについて徹底解説。
乗り換える場合のおすすめの申し込み先も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

光回線は引っ越し先でそのまま利用できる?

まず結論からお伝えすると、光回線の引っ越し(移転)は可能です。引っ越し(移転)の手続きや設定はもちろん必要になりますが、プランや月額料金もそのまま引き継ぐことができます。

ただし、引っ越し先の環境やエリアによっては、継続利用ができない場合もあります。 また、光回線の引っ越しにはさまざまな費用がかかるので、場合によっては乗り換えたほうがお得になることも

引っ越しの手続き自体は複雑ではありませんが、エリアや工事費など、引っ越し前に必ずチェックしておきたい注意点もあるので、ここから詳しく解説していきます。

引っ越しが決まったらまずチェック!光回線の確認事項3つ

光回線の引っ越し手続きをする前に、まずは引っ越しが可能か、費用はどのくらいかかるのかをチェックしておきましょう。

手続きの前に確認しておきたいのは以下の3点です。

それぞれ詳しく解説してきます。

【確認①】引っ越し先は提供エリア内か

光回線の提供エリア、対応していない建物などは、事業者により異なります提供エリアが限られていたり、エリア内でも建物の環境から導入できないこともあるので、まずは引っ越し先の住所で利用できるかを確認しましょう。

引っ越し先で利用できるかは、各光回線の公式サイトで確認することができます。

フレッツ光や光コラボレーション(以下、光コラボ)は全国対応ですが、一部対象外のエリアもあります。 また、auひかりのホームタイプ、NURO光、コミュファ光などの独自回線は、提供エリアが限定されているため、特に注意が必要です。

光コラボレーション、独自回線とは

光コラボレーションとは、自社では回線を保有せずフレッツ光の回線を借り受け、独自のサービスをプラスして提供している事業者です。
一方、独自回線は自社で回線を保有する光回線事業者を指します。利用者が多いフレッツ光回線より通信速度が比較的安定しやすいといわれています。

引っ越し先が提供エリア外の場合は乗り換え必須になり、解約・新規契約の手続きが必要になるので注意しましょう。

フレッツ光は東日本・西日本でエリアが異なるので注意

フレッツ光は全国対応ですが、NTT東日本と西日本で提供エリアが変わるため、エリアをまたいで引っ越す場合は契約の継続はできません

引っ越し後もフレッツ光を利用したい場合は、転居先のフレッツ光を新たに申し込み、引っ越しに合わせて現在利用中のフレッツ光を解約する必要があります。その際、光電話やテレビなどのオプションもそれぞれ解約・新規契約をすることになるので注意しましょう。

転居先で新規の開通工事費などがかかる場合もあるので、引っ越しに合わせて乗り換えを検討してもいいかもしれません。

なお、フレッツ光回線を利用している光コラボの場合は、エリアをまたぐ引っ越しでも解約する必要はありませんが、同エリア内の移転より費用がかかります。

【確認②】光回線の移転・撤去にかかる工事費

光回線の引っ越し(移転)には、おもに以下の3つの費用がかかります。

光回線の引っ越しにかかる費用

  • 撤去工事費 =引っ越し前の住居の光回線を撤去する際にかかる費用
  • 移転(開通)工事費 =引っ越し先の光回線開通工事にかかる費用
  • 工事費残債 =引っ越し前の住居で行った開通工事費の残り

どの費用も必ずかかるわけではなく、光回線によっては無料の場合もあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

利用中の光回線の撤去工事費

現在の住居から引っ越す際、利用していた光回線の設備(光コンセント)を撤去しなければならない場合があります。撤去は自分ではできないため工事を行う必要があり、その際にかかるのが「撤去工事費」です。

撤去工事が必要かどうかは、住居や光回線により異なるので確認しましょう。特に賃貸住宅で退去時に原状回復が必須の場合は、撤去工事が必要になる可能性が高いです。

ただし、入居時にもともと光コンセントが設置されていた場合や、大家さんや管理会社に撤去不要といわれた場合はそのままでOKです。知らずに撤去してしまうと余計な費用がかかったりトラブルになることもあるので、まず大家さんに確認してみましょう。

撤去工事にかかる費用も、光回線により異なります。おもな光回線の撤去工事費は以下の通りです。

<おもな光回線の撤去工事費>
光回線 撤去工事費
フレッツ光・光コラボ 無料
auひかり 31,680円(戸建てのみ)
NURO光 11,000円

auひかりの戸建てタイプは撤去工事が必須で費用も高額ですが、引っ越し後も継続利用する場合は費用が免除されます。

引っ越し先の光回線の開通工事費

引っ越し先に光コンセントがない場合は、新たに開通工事が必要になります。

通常、光回線の開通工事費には1〜3万ほどかかりますが、引っ越し後も同じ条件で継続利用する場合は工事費が割安になることが多く、初期費用を抑えることができます。

また、引っ越し先にすでに光コンセントがある場合は、立ち合い不要の無派遣工事で済むため、工事費は数千円程度と安く抑えられます。

引っ越しの工事費(移転工事費)は光回線によって異なるので、自身の契約内容を確認してみましょう。移転工事費が高額な場合は、開通工事費無料キャンペーンを行っている別の光回線への乗り換えを検討するのもひとつの手です。

引っ越し前の住所の工事費残債

引っ越し前の住居で行った光回線の開通工事費が残っている場合、引っ越し後も支払い続ける必要があります。

基本的には分割払いを継続して支払うことになりますが、フレッツ光や光コラボでエリアをまたいで引っ越した場合など、工事の残債が一括で請求されることもあるので注意しましょう。

また、光回線によっては、前の住所の工事費残債が無料になる引っ越しキャンペーンを行っていることもあります。引っ越し前にキャンペーンがあるかどうかチェックしてみましょう。

【確認③】乗り換える場合の違約金

引っ越しに合わせて光回線を乗り換える場合、利用中の光回線の解約にともない違約金(契約解除料)がかかる場合があります。

違約金がかかる条件や金額は光回線により異なりますが、2〜3年契約のお得なプランなどの場合、だいたい1〜3万ほどの違約金が発生します。

定期契約の更新月(2~3年の契約期間満了後の約1ヵ月間)に解約すれば違約金がかからないので、費用をかけたくない場合は更新月を狙うとよいでしょう。

引っ越し時期が決まっていてどうしても契約期間内に解約せざるを得ない場合は、他社の違約金負担キャンペーンを行っている光回線に乗り換えるのがおすすめです。

引っ越しの手続きや費用を光回線ごとに徹底解説!

ここからは光回線の引っ越し手続きや費用について解説していきます。

まず引っ越し先で開通工事が必要な場合は、遅くとも引っ越しの1ヵ月前までには申し込みを済ませておきましょう。引っ越しシーズンで混み合う時期は、開通までに2〜3ヵ月かかってしまうこともあるので注意が必要です。

引っ越しの細かい手順や費用は光回線ごとに異なりますが、おおまかな流れは以下の通りです。

<光回線の引っ越し手順>
Step1 ウェブまたは電話(または店頭)で引っ越しの申し込みをする
引っ越し先の住所と引っ越し時期が決まったら、利用中の光回線の公式サイトや専用ダイヤルから移転の申し込みを行います。 ドコモ光やソフトバンク光など一部の事業者は、店頭(ドコモショップやソフトバンクショップなど)でも申し込みが可能です。
Step2 電話で撤去・開通工事日の確認
電話またはSMSで申し込み内容の確認通知がくるので、内容に間違いがないか確認しましょう。 その後、電話で引っ越し元の撤去工事日、引っ越し先の開通工事日の調整をします。撤去工事は立ち会い不要の場合もありますが、開通工事は基本に立ち合いが必要となるため、確実に立ち会える日で調整しましょう。
Step3 撤去工事の実施、必要があればレンタル機器の返却
撤去工事は、作業員が派遣される工事と派遣されない(無派遣)の工事があり、無派遣の場合は立ち合い不要です。派遣か無派遣かは申し込みの際に案内されます。
また、引っ越し前の住所で利用していた接続機器の返却が必要な場合は、期日までに忘れずに返却しましょう。返却不要の場合はそのまま引っ越し先に持っていきます。
Step4 引っ越し先で開通工事の実施、接続設定をして完了
引っ越し先で開通工事を行います。工事日当日は、自宅内と屋外で回線の引き込み作業が行われ、通常工事自体は1~2時間で終了します。 工事が完了したら、確認書類とともに送られてきた機器に同封されている案内に従って接続設定を行いましょう。無事に接続が確認できれば開通完了です。

プロバイダ一体型の光回線であれば連絡は一度で済みますが、プロバイダが別契約の場合は、プロバイダにも別途移転の申し込みが必要です。工事などは不要なので、手続きは引っ越しの1〜2週間前で問題ありません。引っ越し先で再度接続設定をすれば利用できるようになります。

光回線ごとの注意点や費用、キャンペーンなどについて、さらに詳しく見ていきましょう。

ソフトバンク光の引っ越し費用と注意点

ソフトバンク光の引っ越しにかかる費用は以下の通りです。

<ソフトバンク光の引っ越しにかかる費用>
工事費 (派遣工事あり) 既設設備・光コンセントなし 26,400円
既設設備・光コンセントあり 10,560円
工事費(派遣工事なし) 2,200円
契約事務手数料(NTT東日本・西日本のエリアをまたいで引っ越しする場合) 3,300円

※ 2021年8月現在、キャンペーンにより工事費無料

ソフトバンク光では2021年8月現在、「引っ越し工事費無料キャンペーン」を行っており、最大26,400円の工事費が無料になります。

引っ越し工事費無料キャンペーンの適用条件

  • ソフトバンク光の引っ越し手続きをすること
  • 引っ越し手続き日から引っ越し先の工事完了日が90日以内であること
    ※申し込み後に移転工事日が変更になった場合は最大180日以内に工事完了すること
  • 引っ越し先の住所が決まっており、住所変更を伴った引っ越しであること

ただし、光電話、光テレビなどのサービスを利用している場合、それらの移転工事費は別途かかります。また、工事費の総額が37,950円を超える場合には、3,850円が追加請求されます。

なお、ソフトバンク光では開通工事が完了するまでの間、ポケットWifiまたはソフトバンクエアーを無料でレンタルすることができます。

急な引っ越しで手続きがギリギリになってしまった場合や、工事が混み合っていて開通が遅れた場合なども、インターネットが無料で利用できるのはとても快適でありがたいですよね。

ドコモ光の引っ越し費用と注意点

続いてドコモ光の引っ越しにかかる費用を見てみましょう。

ドコモ光は光コラボなので、NTT東日本・西日本の同エリア内の引っ越しか、エリアをまたぐ引っ越しかで費用が大きく変わります。

<ドコモ光の引っ越しにかかる費用>
比較内容 戸建て マンション
工事費(派遣工事あり) 同エリア内での引っ越し 9,900円 8,250円
エリアをまたぐ引っ越し 19,800円 16,500円
工事費(派遣工事なし) 2,200円
移転事手数料 2,200円

2021年8月現在、ドコモ光では引っ越しの申し込みでdポイント5,000ptプレゼントのキャンペーンを行っています。

ドコモ光引っ越し特典の適用条件

  • ドコモ光の引っ越し申し込みをし、申込み完了月を含む7ヵ月以内に引っ越し先で利用開始すること
  • ドコモ光の契約者がdポイントクラブ会員であること

なお、ドコモ光のプロバイダは24社ありますが、エリアや住居によっては同じプロバイダを継続できない場合があります。その場合はプロバイダ変更となり、違約金がかかってしまう可能性もあるので注意しましょう。

auひかりの引っ越し費用と注意点

auひかりの引っ越しには、以下の費用がかかります。

<auひかりの引っ越しにかかる費用>
比較内容 戸建て マンション
初期費用(工事費含む) 41,250円 33,000円
登録料 880円

※ 2021年8月現在、キャンペーンにより初期費用実質無料

2021年8月現在、引っ越しでも新規契約の場合と同様、キャンペーンにより工事費などの初期費用が実質無料になります。ただし、ホームタイプは60ヵ月間、マンションタイプは24ヵ月間の割引で相殺されるので、長期契約が前提になります。

また、引っ越し後も同じプロバイダ・同じプランを利用する場合は、引っ越し先の開通工事費や撤去工事費が免除されます。

auひかりはプロバイダが8社あり、キャンペーン内容や割引の条件などもプロバイダによって異なるので、引っ越し申し込み時に確認しましょう。例えばプロバイダがSo-netの場合、引っ越し申し込みで月額料金が一定期間割引になります。

NURO光の引っ越し費用と注意点

NURO光の引っ越し(移転)の場合、現在の契約を一度解約し、引っ越し先の住所で新規契約を結ぶことになります。

そのため、引っ越しには契約解除料を含む以下の費用が必要になります。

<NURO光の引っ越しにかかる費用>
撤去工事費 11,000円
前の住所の契約解除料 10,450円
新規開通工事費 44,000円
契約事務手数料 3,300円

他の光回線より多くの費用がかかりますが、2021年8月現在、キャンペーンにより以下の特典が受けられます。

NURO光の引っ越しキャンペーン特典

  • 引っ越し元のNURO光の契約解除料および工事費残債を現金補填
  • 引っ越し先の開通工事費が実質無料
  • 契約事務手数料と開通初月の月額料金が無料
  • 訪問設定サポートが1回無料

キャンペーン期間中は引っ越しにかかる費用がほぼすべて無料という非常にお得な特典です。ただし、以下の条件を満たす必要があるので注意しましょう。

NURO光の引っ越しキャンペーン適用条件

  • 引っ越し元の契約プランがNURO 光 G2・G2 Vであること
  • 引っ越し先でNURO 光 G2 Vの利用を開始すること
  • 申し込みから12ヵ月後の末日までに開通させること
  • 開通6ヵ月後の末日までに支払方法の登録と連絡先メールアドレスの登録を完了すること
  • 特典受け取りまで引っ越し先でNURO 光を継続して利用すること

なお、NURO光は提供エリアが限られているため、引っ越し先がエリア外の場合は乗り換えが必要になります。

また、NURO光は開通のための工事が2回必要です。開通までにかかる期間は他の光回線より長く、2〜3ヵ月かかってしまうこともあるので、引っ越しが決まったらできるだけ早く申し込みをしましょう。開通までの期間は、ポケットWi-Fiをレンタルすることも可能です(初月980円〜、2ヵ月目以降は1日32円〜)。

So-net光プラスの引っ越し費用と注意点

最後にSo-net光プラスの引っ越し費用を見てみましょう。

So-net光プラスの引っ越しにかかる費用
同エリア内での引っ越し 移転工事費 9,900円
エリアをまたぐ引っ越し 開通工事費 26,400円
契約事務手数料 3,300円

So-net光プラスも光コラボなので、エリアをまたがる引っ越しの場合は工事費全額がかかってしまいます。ただし、Sonetの特典である月額料金の割引で、工事費は実質無料になります。

また、NTTのエリアが変わるとauスマホとのセット割「auスマートバリュー」の適用が一度終了してしまいます。引っ越し先の開通後にauの情報を更新し、再度申し込みが必要になるため、auスマートバリューを利用している人は注意しましょう。

なお、So-net光電話、So-net光テレビを利用している場合も同様に一度解約となり、引っ越し後に再度申し込む必要があります。

乗り換えるならどこがお得?違約金負担や工事費無料のキャンペーンに注目

ここまで解説してきたように、光回線の引っ越しには引っ越し(移転)工事費や撤去工事費がかかる場合があります。

引っ越しキャンペーンなどがなければ3万円以上など高額な費用が必要になり、また、開通までにかかる期間も新規契約の場合とほとんど変わりません。費用が思ったより多くかかる場合は、引っ越しの機会に乗り換えを検討してみてもいいでしょう。

乗り換える際には、前の光回線の違約金(契約解除料)、乗り換え先の光回線の開通工事費や契約事務手数料がかかります。しかし、キャンペーンで他社の違約金を負担、開通工事費無料などの特典が受けられるところもあるので、乗り換え先はキャンペーンを見比べて選ぶといいでしょう。

さらにプロバイダ、代理店などの申し込み窓口によっては、新規契約で高額キャッシュバックなどの特典がもらえる場合もあります。

また、スマホとのセット割スマホとのセット割が使えるかどうかも重要です。光回線×スマホのセット割は、スマホ代が毎月割引になるお得な特典。月々の通信費全体を大幅に節約することができます。

今回はスマホのキャリア別に、セット割が使えるおすすめの光回線とお得な申し込み窓口をご紹介します。

ドコモユーザーならドコモ光!おすすめ申し込み窓口はGMOとくとくBB

ドコモ光はNTTドコモが提供している光コラボレーションモデルのサービスです。

ドコモユーザーがドコモ光に申し込むと、「ドコモ光セット割」が適用され、スマホ代が毎月最大1,100円割引されます。

2021年8月現在、ドコモ光では開通工事費無料のキャンペーンを実施中です。さらに24社あるプロバイダごとにお得な特典が受けられます。

おすすめのプロバイダはGMOとくとくBB。2021年8月時点の新規契約キャンペーンで、最大20,000円のキャッシュバック、または他社解約の違約金20,000円還元から選ぶことができます。

さらに訪問設定サポートが無料、高性能WiFiルーターのレンタルが無料など、特典が充実しているので、お得かつ快適に利用したい人に最適です。

ソフトバンク光

ソフトバンクユーザー必見!3つの選べるキャンペーンがおすすめ

  • ソフトバンクユーザーならスマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 選べる特典で最大36,000円のキャッシュバック
  • 他社回線から乗り換えで工事費実質無料、撤去工事費も最大100,000円まで負担
最大36,000円のキャッシュバックはこちらから

auユーザーならauひかり!おすすめ申し込み窓口はGMOとくとくBB

auひかりは光コラボとは異なり、自社で回線を保有しているため、通信速度が比較的安定しています。

auユーザーであれば「auスマートバリュー」が適用され、スマホ代が毎月最大1,100円割引されます。ただし、ひかり電話(月額550円)の加入が必須となるので注意しましょう。

2021年8月現在、キャンペーンにより開通工事費は実質無料。さらに、他社からの乗り換えで違約金相当最大30,000円を還元してくれます。

プロバイダは8社から選ぶことができますが、おすすめはGMOとくとくBBです。2021年8月時点の新規契約キャンペーンで、最大61,000円のキャッシュバック、auひかり電話が最大36ヵ月無料、高性能WiFiルータープレゼントといった豪華特典を受けることができます。

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光!おすすめ申し込み窓口はNEXT

ソフトバンク光も光コラボのモデルです。

ソフトバンクユーザーは「おうち割 光セット」が適用され、スマホ代が毎月最大1,100円割引に。 さらにワイモバイルも対象となり、最大1,188円割引されます。ただし、適用にはオプションパック(月額550円)の加入が必須となるので注意しましょう。

2021年8月現在、乗り換えキャンペーンで最大24,000円キャッシュバックされるため、開通工事費は実質無料になります。また、他社の違約金も満額還元。安心して乗り換えることができます。

申し込み窓口としておすすめなのが、代理店のNEXTです。ソフトバンク光独自のキャンペーンとは別に、以下の特典からひとつ選ぶことができます。

株式会社NEXTからソフトバンク光に申し込んだ場合の特典(1つ選択)

  1. 最大37,000円キャッシュバック
  2. 32,000円キャッシュバック+高性能Wi-Fiルータープレゼント
  3. Nintendo Switchプレゼント(数量限定)

※ 2021年8月時点

ソフトバンク光の8ヵ月以上の利用が必須になりますが、その他オプションの加入条件などはなく、最短2ヵ月で受け取ることができるのもうれしいポイントですね。

光回線の引っ越しでよくあるトラブル&対処法

ここからは、光回線の引っ越し時に発生しがちなトラブルと、その対処法を紹介していきます。

注意しておかないと引っ越しがスムーズにできなかったりインターネットが使えない期間が生まれてしまうこともあるので、事前に確認してしっかり対処しておきましょう。

引っ越し先で光回線が利用できない期間が発生してしまう

引っ越しの申し込みのタイミングによっては、引っ越し先ですぐに光回線が利用できず、インターネットの不通期間が生じてしまう場合があります。

引っ越し元の光回線の撤去、引っ越し先の開通手続きなども含め、申し込みから引っ越し完了までには最短でも1ヵ月程度はかかります。引っ越しシーズンになると2〜3ヵ月かかることも。

申し込みが遅くなればなるほど、開通工事の決定も遅れてしまうので、引っ越しが決まったらできるだけ早めに申し込みをしましょう。

申し込み前には、引っ越し先の住所がエリア内か、開通工事は可能か確認しておく必要があります。また、賃貸住宅の場合は大家さんや管理会社に必ず工事の許可を取っておきましょう。

開通までにどうしても時間がかかってしまう場合は、一時的にポケットWi-Fiなどをレンタルすることで対応できます。ソフトバンク光など、開通までの期間、ポケットWi-Fiなどをレンタルできる光回線サービスもあります。

大家さんに工事をNGと言われる場合がある

引っ越し先が光回線の提供エリア内だったとしても、住居によっては導入できない可能性があります。そのひとつが、大家さんや管理会社の許可が取れない場合です。

賃貸・分譲に関わらず、マンションやアパートは建物に導入済みの光回線しか契約できないことがあります。また、特に賃貸住宅では、大家さんの許可なく光回線を導入してしまうと、のちのちトラブルになる可能性があります。必ず事前に連絡をしておきましょう。

利用中の光回線をどうしても継続したい場合は、戸建てプランに切り替えて導入するという方法もあります。ただし、マンションタイプから戸建てタイプに切り替える場合は、一度契約が解除になり、費用が余計にかかってしまうことも。乗り換えたほうがお得になることもあるので、よく検討してみましょう。

プロバイダの移転申し込みを忘れてしまう

プロバイダが回線と別契約の場合、光回線事業者とは別に、プロバイダにも移転の申し込みが必要になります。

プロバイダの移転手続きを怠ると、開通工事が完了してもインターネットが利用できないので注意しましょう。プロバイダの移転は工事の必要がないので、引っ越しの1~2週間前に申し込めば大丈夫です。

なお、プロバイダ一体型の光回線であれば、回線事業者かプロバイダ、どちらか一方で引っ越し手続きをするだけで済みます。

乗り換えで光電話やテレビが使えなくなってしまう

引っ越しを機に光回線を乗り越えた場合、以前の光電話は利用できなくなります

引っ越し後も光電話を利用したいのであれば、乗り換え先の光回線で新たに光電話に加入する必要があります。その際、電話番号は変わってしまうので気をつけましょう。

フレッツ光から光コラボ、光コラボから光コラボへの乗り換えであれば、電話番号を引き継ぐことも可能です。ただし、引っ越しでNTTの電話局が変わる場合は電話番号は変更となります。

また、前の住居で光テレビを利用していた場合も、乗り換えと同時に光テレビに申し込む必要があります。転居先のエリアや環境によっては、光テレビが導入できない場合もあるので注意しましょう。

なお、新居での光電話や光テレビの開通には工事費がかかります。工事費は光回線により異なりますが、光電話は1,000〜3,000円ほど、光テレビは1台8,000〜14,000円ほどが相場です。

まとめ

今回は光回線の引っ越しについて解説してきました。

引っ越しが決まったら、まず光回線の提供エリアや移転にかかる費用などを確認しましょう。引っ越し手続きには早くても1ヵ月程度はかかるので、早めの申し込みが肝心です。

光回線によっては引っ越し費用が割引、または無料になることもあるので、キャンペーンも要チェックです。キャンペーンがない場合は、引っ越しと同時に乗り換えを検討するのもいいでしょう。

乗り換え先は、違約金負担や工事費無料のキャンペーンがある光回線がおすすめですよ。

  • 光回線の引っ越しは基本的に可能。ただし、エリアや建物によっては引っ越し先で利用できないこともある
  • 引っ越しにかかる費用には、撤去工事費開通工事費引っ越し元の工事費残債などがある
  • 引っ越し先ですぐに利用できるように、引っ越しが決まったらなるべく早く申し込もう
  • 引っ越しにかかる費用が高い場合は、乗り換えを検討するのもあり
  • 乗り換え先は違約金負担工事費無料キャンペーンを行っているところから選ぶとよい

Popular Posts

Clients

クライアント一覧