お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

関連するキーワード
全てのキーワードを見る
コラム

【2019】スタディサプリの評判まとめ!中学生・高校生におすすめ

  • クリップ
【2019】スタディサプリの評判まとめ!中学生・高校生におすすめ

「部活を続けたい! 受験対策もしっかりしたい!」という、忙しい中学生や高校生たちに人気の学習サービス「スタディサプリ」。 
実際のところ、スタディサプリはどんなサービスで、どんな評判を集めているのでしょうか。メリットとデメリットもふまえながらご紹介します。

スタディサプリとはどのようなサービス?

「スタディサプリ」とは、株式会社リクルートが運営しているオンライン学習サービスのこと。
会員になったら、一流講師による映像授業をWEBを通して好きな時間に何度でも視聴が可能。ほかにも、テキストや問題集を無料でダウンロードできるなどのサービスが利用できます。

スタディサプリがスゴイのは、そんな便利なサービスがびっくり価格で利用できるということでしょう。

と言うのも、基本のコースはなんと月々税抜980円! 
塾や予備校、従来の通信講座などに比べると圧倒的にリーズナブルな料金ですよね。
この料金だけで、全教科・科目の授業が見放題。これはお得です!

講座は大きく分けると次の6つ

◎小学4~6年生向けの「スタディサプリ小学講座」

◎中学生向けの「スタディサプリ中学講座」

◎高校生向けの「スタディサプリ高校講座」

◎高校生や大学進学を目指す人のための「スタディサプリ大学受験講座」

◎TOEIC(R)やビジネス英語、英会話などが学べる「スタディサプリ ENGLISH」

◎英単語学習に特化した「スタディサプリ 英単語」

では、スタディサプリのメリットやデメリット、評判などについて、さらに詳しく見ていきましょう。

▼スタディサプリ基本情報のおさらい

商品名 スタディサプリ
特徴 ・小学4~6年生・中学1年~3年・高校1年~2年・大学受験生など幅広いサービスを提供
・1500校以上の学校が利用
・個々人のレベルに合った最適な学習を提供できる
価格 ¥980円/月(ベーシックコースの場合)
さらに今なら… ・14日間無料+2,000円キャッシュバック

 

※スタディサプリEnglishは対象外です

スタディサプリを使うメリットは?

まず、スタディサプリはどんなところが魅力になっているのか、ポイントをピックアップしてみましょう。

◎塾などに比べて、料金が抜群にリーズナブル

スタディサプリは、月々税別980円のベーシックコースでも、全教科・科目の講座を受けることが可能です。
年会費や初期費用も無料

◎授業の質が高い

映像授業は、予備校講師など一流講師によるクオリティが高いもの。
スタディサプリは「短時間でギュッと、効果的に成績が伸びる」ことを目標に掲げているだけあって、授業はもちろん、テキスト、問題集も高品質と評判です。

◎全教科・学年の授業が見放題!

実は、「スタディサプリ小学講座」と「スタディサプリ中学講座」、「スタディサプリ高校講座」、「スタディサプリ大学受験講座」の4つについては、どちらを申し込んでも小学生向け~大学受験生向けにわたる全教科・科目の映像授業4万本を好きなだけ視聴できます
テキストや問題集のダウンロードも同様に、小学生向け~大学受験生向けのすべてが利用OKですよ。

だから、中学校の勉強で苦手な部分は遡って小学講座から復習したり、得意な分野は高校講座などで先取り学習したりといったことが可能。これは、学習者にとってはうれしいですよね!

◎空いた時間を有効活用できる

スタディサプリはパソコンやタブレット、スマホを持っていて、Webが使える環境が整っているなら利用できます。
だから、電車での移動時間にスマホで映像授業を聞き流す、といった時間の有効利用も思いのまま

◎コースが選べる

中学講座、高校講座、大学受験講座は各2コース制
月々980円のベーシックなコースはほぼ完全に自主学習型。
一方で、月額税抜9,800円にはなりますが、中学講座「個別指導コース」、高校講座・大学受験講座の各「合格特訓コース」では、個別の担当コーチが付いたり、志望校向けのプランの作成をしてくれたりと手厚いサポートが受けられます

スタディサプリEnglishでも、目的別のコースや、サポートの充実度が異なるコースなどが用意されていますよ。

スタディサプリを使うデメリットは?

スタディサプリにはたくさんよいところがあるのはわかりましたが…。
デメリットについてもやはり、事前にチェックしておきたいですよね! 
欠点と言えるのは、主に次のような点ではないでしょうか。

◎進行は自分次第。放ったらかしになる危険が?!

スタディサプリは月々税別980円のベーシックコースなら、一連の学習の流れをすべて自分で管理するのが基本
人によっては、「申込んだものの、授業を見ることすらしていない」とか、「どこから手を付けたらいいか、わからない…」という状況に陥ってしまうこともあるでしょう。

自己管理に不安がある場合は、さきほど少しご紹介した中学講座の「個別指導コース」、高校講座や大学受験講座の「合格特訓コース」などを一度検討してみるとよいかもしれません

◎人と対面することがない

スタディサプリは人と会わずにオンラインで授業を受けます。「先生やライバルがすぐ近くにいないと、勉強をサボってしまう」というタイプの人なら、高い効果を求めるのはちょっと厳しいかも?!

また、「スタディサプリEnglish」については、ネイティブスピーカーと直接話すことがないのはデメリットと考える人もいるようです。ただし、スタディサプリEnglishでは会話スピードを調整できるなど対面ではできない機能が充実しているので、「スタディサプリは基礎を固めるために使う」などと割り切って利用するのもよいでしょう。

▼スタディサプリ基本情報のおさらい

商品名 スタディサプリ
特徴 ・小学4~6年生・中学1年~3年・高校1年~2年・大学受験生など幅広いサービスを提供
・1500校以上の学校が利用
・個々人のレベルに合った最適な学習を提供できる
価格 ¥980円/月(ベーシックコースの場合)
さらに今なら… ・14日間無料+2,000円キャッシュバック

 

※スタディサプリEnglishは対象外です

スタディサプリの効果について知りたい!

「短時間でギュッと、効果的に成績を伸ばす」を目標に掲げるスタディサプリですが、実際の効果はどうなのか、気になりますよね。

実はスタディサプリは中学校や高校側からの要請を受けて、学習教育のサポートツールとしても提供をしている実績があります。
2019年現在、スタディサプリの公式サイトによると、1500校以上の学校がスタディサプリを利用しているのだとか。とくに、個々人のレベルに合った最適な学習を提供できるツールとして好まれているようです。
学校現場が選ぶ学習ツールであるなら、効果は期待できそうですよね!

また、スタディサプリの公式サイトには、中学講座、大学受験講座などの合格実績について、最新のものが公表されています。これを見ると、スタディサプリを利用して難関校へ進学した人は多数。
なかには、塾などに通わずスタディサプリのみで受験対策をして、志望校に合格した人も少なくないようです。

スタディサプリの効果には個人差があるのは大前提としても、これだけの実績があるのは事実。
上手に利用できれば、十分な効果が期待できそうですね!

スタディサプリを利用した人の評判が知りたい!

スタディサプリを実際に利用した中学生や高校生の声についても、チェックしてみましょう。

中学講座については、中学講座ベーシックコースのみで受験対策をして、志望校に合格した人からは「授業が面白くて集中して観られた。期待以上の内容で、やってみて本当によかった」との感想が。
個別指導コースを受け、「勉強のやり方や計画がわからなかったは、コーチに教わってその通りにしたら、点数が大幅アップしてびっくり!」という声などが挙がっています。

高校講座では、志望校合格に向け、スタディサプリのみであったり、塾や通信講座との併用であったり、自分流に使って受験勉強に役立てた人がたくさん「模試の点数が悪い部分をスタディサプリで重点的に強化。学校で進みの遅い教科があっても、スタディサプリで先取り学習ができた」「集中力が切れやすいので、20分というスタディサプリの講義の長さはぴったりだった」など、スタディサプリの良い評判が多く見られます。

一方で、ベーシックコースの経験談では全体的に、「質問に対応してもらえない」「自宅学習になり、だらけてしまった」という悪い評判も見受けられました。

実は、私も息子の勉強用にスタディサプリの無料体験申込みをしてみましたが、始めてから1週間で、授業を視聴したのはわずか1回…。
授業そのものは面白くてわかりやすかったのですが、決められたプランや〆切がないと、本人も親も、なかなか奮起しないものだな、と痛感しています。とほほ…。

以上から、スタディサプリはコスト面、授業内容は高評価
ただし、とくにベーシックコースでは受講者がうまく活用できるかどうかが、満足度を左右すると言えそうです。

スタディサプリを利用する時の注意点は?

最後に、スタディサプリについて注意しておきたいポイントを2つお伝えしましょう。

◎テキストは郵送なら料金別途

スタディサプリの各講座では、すべてのテキストが公式サイトから無料ダウンロードして、プリントアウトすることができます。この方法なら、テキストにかかわる料金はプリントアウトにかかる紙代やインク代、電気料金などでOK。


でも、製本された冊子のテキストの送付を希望するなら、テキスト代は1冊税抜1200円(送料込み)が必要
ただし、中学講座の「個別指導コース」などでは基本的なテキストなど勉強に必要な教材が料金に含まれています。

◎通信量が増えてしまうことも

スマホでは、インターネットなどを使用するときのパケット通信の容量は、月間で限度が決まっていますよね。

スタディサプリの場合、外出先などWi-Fiを利用できない環境で利用するときは、スマホの通信量は増えてしまいいがち。月間通信量の最大限度を超えてしまうことも予想され、ここはちょっと心配です。

ただし、自宅などのWi-Fiを利用できるときは通信量については問題ありません。見たい映像授業についてはWi-Fi環境でダウンロードして保存しておけば、その後は通信量を使わずに視聴できるのでおすすめですよ。

◎料金が自動更新される

スタディサプリは口座振替などの支払い方法の場合、自動更新システムを採用しています。
利用停止手続きをしない限り、毎月の利用料金が発生し続けます。
しばらく使うことがなさそう期間があるようなら、利用停止手続きをするとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? スタディサプリはコスパがよくて質の高い学習サービスであることはたくさんの人が評価しているようですね。
でも、サポートがないコースではマイペースで進められる分、うまく活用できるかどうかがカギになりそうです。
「スタディサプリが気になるけど、サポートは欲しい!」という人は、コース選びを工夫するのもよいかもしれませんね。

▼スタディサプリ基本情報のおさらい

商品名 スタディサプリ
特徴 ・小学4~6年生・中学1年~3年・高校1年~2年・大学受験生など幅広いサービスを提供
・1500校以上の学校が利用
・個々人のレベルに合った最適な学習を提供できる
価格 ¥980円/月(ベーシックコースの場合)
さらに今なら… ・14日間無料+2,000円キャッシュバック

 

※スタディサプリEnglishは対象外です

 

取材・文/北浦芙三子

スタディサプリの関連記事はコチラ

【2019】スタディサプリをお得に!実施中のキャンペーンを紹介

2019.08.29

短時間でギュッと、効果的に勉強ができると評判のオンライン学習サービス「スタディサプリ」。「スキマ時間を使って、スタディサプリで英語の勉強をしようかな?」「子どもの学習方法としてどうかな?」などと検討中の人も多いのではないで...続きを見る

  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

Asakoさん

84724

北欧インテリア、マリメッコ(服、インテリア、手芸...

2

⭐mahiro⭐さん

68988

今までは「これ、何かに使えないかな~」とか「この...

3

花ぴーさん

41162

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

4

muccinpurin さん

29726

簡単でおいしく、ごはんもお酒もすすむ系の料理が中...

5

よんぴよままさん

29693

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

1

香村薫さん

289642

モノを減らして時間を生み出す、ロジカルなお片づけ...

2

☆ miamama ☆さん

162701

100均、プチプラが大好きな子持ちの主婦です◡̈...

3

よんぴよままさん

141319

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

4

Asakoさん

139945

北欧インテリア、マリメッコ(服、インテリア、手芸...

5

happydaimamaさん

139461

元気な3人息子(12・10・5歳)のママ☆あんふ...

ひこまるさん

6221023

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

4児ママRomiさん

5337042

2男2女の母Romiです。100均・廃材・古着を...

コストコ男子さん

6412160

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

roseleafさん

5353832

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

きのこを使った一皿コンテスト
見せたい!コレクション収納コンテスト