お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

ガス自由化で東京ガスはどう変わるの?

  • クリップ
ガス自由化で東京ガスはどう変わるの?

電気自由化に続いて、ガス自由化が一般家庭に向けても実施され、ガス会社を自由に選択できるようになりました。契約会社を変更すると、節約ができるケースも多いため、今注目が高まっているトピックといえるでしょう。そこで、ガス自由化によって暮らしがどのように変わるのか、メリット・デメリットは何か、ガス自由化の目的とはなどの基礎知識を解説します。そして、ガスの自由化によって、東京ガスがどのように変わっているのかなどを紹介します。

「ガス自由化」で暮らしがどう変わる?目的とは

2017年4月から実施されているのが「ガス自由化」。

これは日本のエネルギーシステム改革のひとつであり、2016年4月に実施された電気自由化に続いて実施されました。ガス自由化によって暮らしがどのように変わるのか、まずは一般家庭の視点からメリットとデメリットを紹介していきます。

電気自由化のメリット

①ガス料金の値下げが期待できる

1つめのメリットは、ガス料金の値下げが期待できることです。

従来は、大手4社によってガスの供給市場が独占されていたような状態であり、競争原理が働きにくい状況でした。しかし、ガス自由化によって、多種多様な業種から新規参入が可能となり、より多くの顧客を獲得するためにサービスを競うようになります。

消費者の大きな関心のあるポイントの1つは料金ですから、各ガス会社は料金を安くして顧客を取り込もうと努力をします。また、料金プランも多様化。定額制を導入したり、ポイントサービスを付加したりするガス会社も出てきています。自分にあったガス会社を選ぶことで、ガス料金を節約できるでしょう。

 

②サービス向上が期待できる

2つめのメリットは、サービス向上が期待できることです。ガスの自由化によって、いろいろな企業が、それぞれの強みを活かしてサービスを提供するようになります。

たとえば、電力会社が提供しているサービスであれば、電気とガスをセット販売することなどがあります。また、各社がさまざまなオプションサービスを提供することで、消費者はこれらのなかから自分にあったサービスを選ぶことができます。結果としてここにも競争原理が働き、サービスの質向上が期待できるといわれているのです。

 

電気自由化のデメリット

メリットもあればデメリットもあるのが、ガス自由化です。

 

①安定供給への不安が高まる

1つめのデメリットは、安定供給への不安が高まることです。ガス自由化によって新規参入した会社が事業に失敗する場合もあります。このようなことが原因でガスの供給が滞るなどの不安は、従来より高まっているといえます。

 

②消費者の混乱が予想される

2つめのデメリットは、多様なサービスにより消費者が混乱することです。選択肢が多いことには、良い面もありますが、悪い面もあります。たとえば、選べるガス会社や料金プランが多すぎると、どのサービスが安いのかどれが使いやすいのかなどがわかりにくくなってしまいます。

 

③都市部と地方の格差が広がる

3つめのデメリットは、都市部と地方の格差が広がることです。都市部のほうが顧客が多いため、新規参入する会社の多くは都市部で事業を行おうとします。そのため、都市部はガス自由化の恩恵を受けられますが、地方は従来と同じガス会社と契約するしかないといった状況になる可能性があります。

 

ガスシステム改革の目的

このように、ガス自由化は暮らしを大きく変える可能性を持っています。しかし、家庭の暮らしといった範囲にとどまらず、日本のエネルギー状況全体を改革するために考案されたものです。そこで、資源エネルギー庁がエネルギーシステム改革という考え方のなかで、ガスシステム改革について述べている4つの目的を簡単に紹介します。

 

①ガスの安定供給

1つめはガスの安定供給です。多くのガス会社が参入し相互に接続することで、災害時などを含め安定的にガスを供給することを目的にしています。

 

②ガス料金の最大限抑制

2つめは、競争を通じてガス料金を最大限抑制することです。

 

③利用メニューの多様化

3つめは、利用メニューの多様化です。また、これによって事業拡大などによるイノベーションも期待されています。

 

④ガスの利用方法の拡大

4つめは、ガスの利用方法の拡大です。たとえば、導管網を新たに整備しようとする業者や、燃料電池と融合した利用方法を提供する業者などの新規参入を促す目的があります。このようにガス自由化はいろいろな側面を持っています。節約ができる、料金プランの選択肢が増えるといったメリットだけでなく、デメリットやガス自由化の目的にも目を向けておきましょう。

▼ガス代が高いかどうか調べるなら…こちらをクリック!

ガス自由化で「東京ガス」はピンチなの?どんな戦略があるのか

ガス自由化によって最も痛手を受けそうな会社を考えたとき、真っ先に思い浮かぶのは既存の大手ガス会社ではないでしょうか。新規参入によって、顧客が奪われてしまう可能性があるからです。東京ガスはこうした会社のひとつです。都市ガスのシェア約40%を占め、売上高が2兆円を超える業界トップの東京ガスは、ガス自由化にどのように対応しようとしているのでしょうか。

ここでは、東京ガスが自由化による価格競争の激化によるダメージを回避するために、ガス事業以外への展開を検討していることを紹介します。

ガスだけでなく電力販売を促進

東京ガスは、2014年に発表した中期経営計画において、電力販売の拡大を掲げています。電気自由化によって電気の供給事業に取り組み始めましたが、この事業をさらに拡大していくと宣言した形となっています。

東京ガスは、東京都と神奈川県を中心に1000万件以上の顧客を持っているため、電気とガスをセット販売できれば、大きな強みとなります。この強みを活かし、ガス自由化による売り上げ減少のダメージを電力販売によって補おうとしています。こうした販売促進は、家庭レベルにも及んでいます。東京ガスのホームページなどでは、ガスと電気の両方を契約すると、料金が割安になることがアピールされています。そうした取り組みが功を奏して、この戦略はかなりの成果をあげています。

「でんきdeラッキーキャンペーン」という東京ガスで電気を申し込むと2カ月間電気料金が15%OFFになるキャンペーンの効果もあり、2018年9月末時点で約145万件の家庭が東京ガスの電気を利用しています。そのため、当初2020年時点での電力契約件数の目標は220万件でしたが、上昇修正して240万件となりました。

 

電源の増強など電気事業を拡大

東京ガスは、電力販売の強化のために、商品である電力の規模を増強させることを目指しています。具体的な取り組みとしては、電力自由化が家庭にまで拡大された2016年からは、工場や大規模施設などに対し、年間100億kwhもの電力を供給しています。そして、さらに電力販売を積極的に促進し、オリンピックイヤーである2020年には約300億kwhの電力を供給しようと計画しているのです。300億kwhという数字は、首都圏の電力需要の約10%ですから、東京ガスは、ガスだけでなく電力においても大きなシェアを獲得しようとしていることになります。

また、東京ガスが公表している「東京ガスグループ2018-20年度経営計画 GPS2020 実現に向けた取り組みについて」という文書によると、東京ガスは柔軟性向上と競争力強化を目的に、関西電力・九州電力などの国内パートナーだけでなく、セントリカ等などの海外パートナーともアライアンス契約を締結しました。こうした取り組みを進めることによって再生エネルギー電源の獲得にも注力しており、既に行っていた陸上風力発電に加え、太陽光・洋上風力発電にも取り組んでいます。これらの多様な電源の確保により、分散型エネルギーシステムへの対応も目指しているのです。このように、ガス自由化によって売り上げが減少することが予想されるなか、東京ガスは電力事業の増強により企業規模の維持のみならず、拡大を目標に戦略を立てています。

 

ガスと電気のベストマッチがストロングポイント!

東京ガスが掲げているコンセプトのひとつは、ガスと電気のベストマッチです。特に、ガス自由化、電気自由化により、従来の会社から契約を変更しようと考えている家庭に対しセット販売をアピールしています。

東京ガスでは、電気の使用量が多い人向け、少ない人向けのプランも用意されているため、使い方に応じてプランを選べます。電気やガスの使い方によって違うので一概にはいえませんが、大手のガス会社と電気会社を別々に契約するより、約4~9%ほど節約が可能としています。

また、住宅分野、情報通信分野とも連携することにより、「HEWS(ホームエネルギーマネジメントシステム)」と呼んでいる住宅向けエネルギー管理システムの販売も促進。これは、家庭にあるさまざまな家電や設備に通信機能を持たせ、効率的で便利なエネルギー使用を可能にするためのシステムです。

そのため、省エネシステムとして、長期的に光熱費を節約することもできるとしています。

ガスを含むエネルギー業界は安定から変化の時代に突入!

ガス自由化や電気自由化などによって、いろいろな種類のエネルギーの融合が進んでいます。こうした動きは、資源エネルギー庁がエネルギーシステム改革として掲げた目標に基づくものであり、今のところ効果が出つつあるといえるでしょう。

今後のガスを含むエネルギー業界について、東京ガスの広瀬社長は「今後、エネルギー業界の再編、統合が進む。仙台市ガス局が民営化したのが代表的な例。既存のガス会社は生き残りをかけて競争していくことになるだろう」といったことを述べています。今後、どの企業がシェアを獲得していくのか、予想はむずかしいところです。いずれにしても、自由化によってエネルギー業界は安定から変化の時代に突入したといえるでしょう。

都市部の家庭では、ガス、電気を従来の大手の会社から切り替える動きが進んでおり、自由化の進み方によっては、ガス、電力会社などの垣根を越えた再編に進むのではないかともいわれています。

▼ガス代が高いかどうか調べるなら…こちらをクリック!

実際に、見積もりをしたら驚きの結果が…

プロパンガス代、高いかも…?簡単見積もりでガス代劇的チェンジ!

2018.06.13

「うちのプロパンガス、ちょっと高いんじゃない?」「でも業者は変えられないし」「公共料金だから仕方ないか」……そんな心当たりがあるあなた。 今どきのプロパンガスは、料金を比較して自由に切り替えができることをご存知でしょうか。...続きを見る

ぶーちゃんのまるっと節約
貯金大好きなこぶた「ぶーちゃん」が 電気・ガスを始めとした生活の節約いろはを 「まるっと」ご紹介するアカウントです♪
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

花ぴーさん

86225

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

2

青山金魚さん

51702

即決!選ばレシピ「暮らしニスタ第1号」として主婦...

3

Kumiko.a_aさん

49107

ライフオーガナイザー1級/ピアノ講師。元片づけら...

4

みゆままさん

37642

☆いつもありがとうございます☆ 念願の子猫...

5

香村薫さん

36704

モノを減らして時間を生み出す、ロジカルなお片づけ...

1

花ぴーさん

209468

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

2

みゆままさん

164093

☆いつもありがとうございます☆ 念願の子猫...

3

マロン214さん

147443

築30年の一戸建てをナチュラルかつ男前にリノベー...

4

市川ゆみさん

140853

時短家事コーディネーター®Expert・整理収納...

5

香村薫さん

131717

モノを減らして時間を生み出す、ロジカルなお片づけ...

ひこまるさん

6017098

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

4児ママRomiさん

5085697

2男2女の母Romiです。100均・廃材・古着を...

コストコ男子さん

6009714

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

roseleafさん

5065179

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

リボンのリメイクアイデアコンテスト
簡単すぎ!小さな時短おかずレシピコンテスト