コラム

【香里奈さんインタビュー】子育てにも役立つ!? ドラマ「嫌われる勇気」に見る、人づき合いのヒントとは?

【香里奈さんインタビュー】子育てにも役立つ!? ドラマ「嫌われる勇気」に見る、人づき合いのヒントとは?
夫や子ども、親戚、ママ友、ご近所さんなどなど、私たちの暮らしの中には、さまざまな人間関係が発生しますよね。実は人づき合いがうまくいかなくて悩んでいる…という人もいるのでは?
今シーズンオンエアされる刑事ドラマ「嫌われる勇気」には、心理学をベースにした人づき合いのヒントが満載なんです。どんなドラマなのか、さっそく主演の香里奈さんにお話を聞いてみましたよ!

大ヒット心理学本「嫌われる勇気」が原案

心理学の三大巨頭の1人、アルフレッド・アドラーの心理学を分かりやすく解説し、シリーズ累計180万部を突破している大ヒット自己啓発本「嫌われる勇気」。
ビジネスの場面はもちろん、“勇気づけの子育て“をテーマに講座が開かれるほど、育児と教育の面でも注目を集めています。
そんな人気本を原案にしたドラマ「嫌われる勇気」が今冬オンエアされます。しかも、心理学がベースなのに刑事ドラマだというから驚き! どんな内容になるのか、とっても気になりますよね。

香里奈さんが、アドラー心理学を地でいくヒロインを熱演!

主演は、モデル・女優として高い人気を誇る香里奈さん。演じるヒロイン・庵堂蘭子は、圧倒的な検挙率を誇る捜査一課のエースである女刑事。他人からの評価や評判を一切気にせず、自己中心的だと言われてもひるまない。独身・彼氏なしの32歳。
“人から嫌われようと、なんら気にする必要はない”という、アドラー心理学を地で行く、一匹狼タイプのヒロインです。
­
「これまで見たことがない見本のない役で、役作りは大変です(笑)。
蘭子は生まれながらにアドラー哲学を実践している、すなわちナチュラル・ボーン・アドラー。感情をあまり出せず、どんなときも淡々と話すので感情表現が難しいですね。
言い方はズバッときついですが、犯人に対しても怒鳴ることなく、感情をむき出しにしないので、そこをどう演じていくのか。私にとって新たな挑戦です」

蘭子の中に自分が楽になる姿を見つけて


ハードな役作りに挑む香里奈さん。蘭子に対しては、最初に台本を読んだときから好印象の様子。
「蘭子は日本の中では浮くし、変わり者扱いされる人だと思いました。でも、原案本と同じく、“本来、自分がこうだったらいいな、楽になるのにな”という理想的な考え方が蘭子の言動に見られて、“あぁ、こういう考え方もあるのか”と新しい発見があったし、少し気持ちも楽になりました」
­
そもそも「嫌われる勇気」を知る以前の、香里奈さんに蘭子的要素はあったのでしょうか。
「私は蘭子ほどはっきりとは言いませんが(笑)、自分の意見を人に伝えるところは似ているのかも。仕事をする上で自分の意見を人にわがままにならないように伝えるのは大事だと思っています」

人間観察とアドラー的解釈に夢中

蘭子を演じることで、人間関係において冷静に考えるようになったり、人間観察を楽しむようになるなど少し影響を受けているという香里奈さん。
­
「“この人はなんでこんなことをするんだろう?”って思うことも、蘭子だったらどう解釈をするのか考えるようになりました。たとえば、怒っている人がいるとして、この人はどんな目的があって怒っているんだろうってワンクションおいて考えるように。人がしゃべっているときや感情を出しているときに観察もするようになりましたね。そして、心の中でアドラー的解釈をしてみたり(笑)。これがなかなか面白くて(笑)」
­
もし香里奈さんの近くに蘭子のようなアドラー女子がいたら? という質問には「観察します(笑)」と即答。
「面白いなと思います(笑)。一緒にごはんを食べに行きたいです。どういう風に酔っ払うんだろうとか、カラオケでは何を歌うのかなって気になります。そして、怒らせてみたい。アドラー女子の喜怒哀楽に興味があります」

蘭子の言動を前向きにとらえてほしい

視聴者の蘭子への共感度を尋ねると、「最初は抵抗があるでしょうね(笑)」と苦笑まじりにひと言。
「初めてアドラーに触れる方は蘭子のことを冷たく感じるかもしれない。でも、その裏にはこういう思いがあるって感じてもらえたら。こういう考え方もあるんだなって、前向きにとらえてほしいですね。でも、蘭子に共感できなくても大丈夫です!(笑)。加藤シゲアキさん(NEWS)演じる蘭子のパートナーの“青年”こと青山年雄は、等身大の視聴者の目線なので、青山には共感できると思います」

ドラマを観て、家族、ママ友との関係もラクに


アドラー心理学は、「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」という考えのもと、自分の課題と他者の課題を切り離す「課題の分離」によって対人関係の悩みから解き放たれることを説いています。
他者から嫌われることを恐れない「嫌われる勇気」を持ちえたとき、人は初めて自分だけの人生を歩みはじめることができるという考えです。
­
「一人で生きていたら、何の問題もないでしょう。でも、人は一人では生きていけませんよね。生きていく上でちょっとでも楽になれる言葉だったり、考え方を知れるのがアドラー心理学なのかなって。
『暮らしニスタ』の読者のみなさんも、旦那さんやお子さん、ママ友など、人間関係で悩むことがあると思います。そういうときは、自分に嫌なことを言ったり、したりする人の心理を分析してみるとラクになると思います」
­
「このドラマは、謎解きの刑事ドラマで単純に楽しめます。そこに蘭子のアドラー的な行動や教授と青年が話している内容がリンクし、わかりやすいストーリーのなかでアドラー心理学を気軽に学べる作品です。
木曜の放送なので、あと1日がんばれば今週が終わる(休みになる)!という解放感のなかで楽しんでいただけたら嬉しいです(笑)。
このドラマを通して、多くの人が自分の意見を言い合える関係になっていけたらいいなって思います」
­
真冬の撮影に、カットソーとトレンチコートという薄手の衣装で臨んでいる香里奈さん。「寒いですが、頑張ります!」と気合十分。刑事ドラマとして楽しめるだけでなく、人づき合いに役立つアドラー心理学を簡単に学べるとあっては、絶対に見逃せません! どうぞお楽しみに!!



­

「嫌われる勇気」

1月12日(木)スタート、木曜後10:00(フジテレビ系)※初回15分拡大
­
警視庁捜査一課の刑事・蘭子は一匹狼タイプの人間で、有能だが組織に馴染まない人物。一方、正義感の強い刑事・青山年雄は、念願だった捜査一課に異動になり、蘭子とコンビを組むこととなる。
そのころ、世間では連続殺人事件が発生していた。青山は蘭子と捜査に乗り出すが、自分勝手な蘭子に振り回される。青山はそんな蘭子を疎ましく感じ始めていた。
そんな時、青山は捜査協力依頼の為に、蘭子の恩師で犯罪心理学の教授・大文字哲人を訪問し、アドラー心理学の話を聞くことに……。青山を加藤シゲアキさん(NEWS)、大文字を椎名桔平さんが演じる。

­
かりな/1984年2月21日生まれ、愛知県名古屋市出身。2000年にファッション誌「Ray」の専属モデルとしてデビュー。現在は、ファッション誌「GINGER」のレギュラーモデルを務める。モデル業と並行して女優活動をスタートし、01年にフジ系ドラマ「カバチタレ!」でデビュー。ほか主な出演作に映画『ラブコメ』(10)、『ガール』(12)、ドラマ「私が恋愛できない理由」(11)、「SUMMER NUDE」(13)などに出演。
­
撮影/石川千絵 取材・文/杉嶋未来 ヘア・メイク/SHIO スタイリング/渡邉恵子
­
<香里奈さん着用分>白シャツ 24,000円+税、デニムパンツ 28,000円+税/ともにCLANE(CLANE DESIGN) 03-5464-2191

Montanaさん

1234

こんにちは!Montanaです。小学生の娘がいま...

なが みちさん

1206

見ていただきありがとうございます(o^^o) ...

ひこまるさん

1097

簡単なお料理・100均グッズを利用したテーブルコ...

心地いい我が家さん

949

魅せる収納を目指して日々努力をしている(つもり)...

kiiro-sorairoさん

936

ぶきっちょ・おおざっぱなりに、年月を経てきた住ま...

*ココ*さん

61900

ゆったり流れる時間の中、わずかに工夫しながら過ご...

RIRICOCOさん

24777

3児の子育てしながら築30年マンションのDIYを...

なが みちさん

24241

見ていただきありがとうございます(o^^o) ...

ひこまるさん

23066

簡単なお料理・100均グッズを利用したテーブルコ...

心地いい我が家さん

21240

魅せる収納を目指して日々努力をしている(つもり)...

なが みちさん

120923

見ていただきありがとうございます(o^^o) ...

ひこまるさん

107172

簡単なお料理・100均グッズを利用したテーブルコ...

RIRICOCOさん

78590

3児の子育てしながら築30年マンションのDIYを...

4児ママRomiさん

72119

高3、高1、小4、小3の4児のママです。100均...

ちゃこさん

40899

7歳の女の子と5歳の男の子のママです。出産前は美...