お知らせ

コメント

編集部からの連絡

コラム

ママ友が!姑が!まさかのアノ人が「汚部屋」の住人でした

ママ友が!姑が!まさかのアノ人が「汚部屋」の住人でした
あふれるゴミに、埋もれるように生活をする「汚部屋」の住人。「テレビの中の特殊な人たちのことでしょ」と思ったら、いやいや、けっこう身近なあの女性もそうだったりして!?ママたちがこれまでに出会った史上最悪な汚部屋の目撃談です。

まさかの女友だちが

・「同期で入社した女の子。とてもかわいい子だったのに、部屋に遊びに行くと、テレビボードのビデオデッキ(当時)が入っているガラス内に、脱いで丸めたストッキングと醤油差しを並んで収納。家のなかには物が散乱、綿ぼこりがホワホワしていた」(45才・パート)
­
・「同級生の女性の友人の部屋。あらかじめ泊まりに行くと連絡していたのに、家に入るとものだらけで足の踏み場はなし。本人はロフトから私用の敷布団を『下に渡すね!』とおろしたのですが、上から下から、ありえないくらいのホコリと虫の死骸が降ってきておののいた」(31才・専業主婦)
­
・「私の友人の部屋なのですが、部屋は4.5畳ぐらいでベッドやテーブルや座椅子などがある実家の1人部屋です。部屋はつけまつげや化粧品が砕けた粉、脱いだ服、髪の毛やゴミなど色々な場所にあり、夏に部屋でカキ氷を食べた際にこぼれたシロップを放置した結果部屋のいたる所から虫がわいていました」(24才・契約社員)
­
・「大学生の女友達の部屋。漫画や参考書、レポート等がカーペットのように床の上にあるのは当然、食べたモノ、飲んだモノ、もしくはその途中のモノは彼女が座っていたであろう周辺に半円状に置かれている。何かの汁物の器には虫が浮き、ベランダは蜘蛛の巣と虫の死骸だらけという部屋でした」(27才・専業主婦)
­
・「ママ友の家で、リビングだけは普通だったのにキッチンは大量の食器が山積みで生ごみも大量にあり、床はゴミだらけ、他の部屋も通り道がない程、物で溢れていてビックリ」(49才・パート)
­
・「50代半ばバリキャリエリートママ&夫の部屋。町内会の用事で入ったのですが、ゴミと買ってきたままの食料やミネラルウォーターの箱、トイレットペーパーの山、分別できないゴミ、埃まみれの部屋のカーテンレールには高級ブランド袋がひっかけてあり、驚きました」(48才・専業主婦)
­
かわいかったりお金持ちだったりすると、さぞかしきれいなところに住んでいるのだろう、と想像しがちですが、実はそうでもない!?人は見かけによらないとはまさにこのこと。

まさかの姉妹、母・姑が

・「一人暮らしを始めたばかりの頃の妹の部屋が酷かったです。就職したばかりで忙しく片付ける暇がなかったらしく、足の踏み場もなく飲みかけのペットボトルが何本もあったり、食べたものの食器も片付けせずに山盛りになってました」(27才・専業主婦)
­
・「妹が一人暮らししていた部屋。とにかくゴミを捨てないから、玄関までゴミ袋で一杯になっていて驚きました。結局一年で実家に帰らされてました」(31才・専業主婦)
­
・「それは嫁ぎ先の一室で、義理の妹親子が住んでいた部屋です。何の片付けもせず部屋を出たらしく、泥棒が入ったかのような有り様。うす暗く、足の踏み場もなく、下着も年金手帳も通帳もごちゃごちゃに散乱し、虫の死骸が多数絨毯にくっつき、ふすまもやぶれていました。嫁いですぐ、耐えきれず私が片付けました」(34才・専業主婦)
­
・「姑の寝室は彼女の洋服が邪魔をして入室するのが困難で、フロアには履き古した靴の山で足の踏み場がない。ベッドの上もたくさんの本や使った古いティッシュが散在しており、寝るスペースがない。埃だらけの汚部屋です」(41才・パート)
­
身内の部屋が汚部屋で、それが自分も一緒に暮らす家だったりすると、ほうっておくわけにはいかないし、色々モヤモヤしますね。

まさかの自分が

・「学生時代、卒論で追い込まれた時の自分の部屋が酷かった。資料やゴミで足の踏み場もないが掃除をする余裕もなく。卒論提出後大掃除をしたら乾ききった猫の糞が出てきて泣きたくなりました」(52才・専業主婦)
­
・「若いころの自分の部屋は最強の汚部屋だった。部屋中に服が散乱していてコンビニのお弁当のゴミがテーブルの上にあって、服の上を歩くような生活。とにかく物が多くて散らかり放題でした」(32才・パート)
­
・「半年位自分の部屋の掃除をしなかったら汚部屋になりました。ホコリまみれで、結果アレルギーになりました」(58才・専業主婦)
­
・「現在の自分の部屋はまさに汚部屋。部屋中のほとんどの物がそこらじゅうに散乱して、歩くところも寝るところもない状態です」(32才・パート)
­
忙しいからと少し掃除や片づけをサボると、汚部屋へのカウントダウンが始まってしまいます。半年掃除をしないと完全な汚部屋になってしまうよう。
「片づけ」は習慣なので、1日5分、寝る前などを掃除タイムにあててみる、などからはじめてみるとよさそうですよ。
­
写真© luanateutzi - Fotolia.com
Profile和田玲子
女性まわりの記事をコツコツ書いてウン十年のフリーライター。趣味はパン作りと水泳、豆乳ヨーグルトの摂取。最近のトピックスは蜂の巣をふたつやっつけたこと。

#多肉植物ぴー農園さん

2112

植物が大好きで♪育てたりアレンジしたり☆多肉植物...

横田ちひろさん

933

兵庫宝塚のライフオーガナイザーⓇ横田ちひろです。...

4児ママRomiさん

807

大学生の長男、JK長女、小5次女、小4次男の母R...

ヨーコリンさん

768

こどもと一緒に作る手作り雑貨・工作が趣味ですヽ(...

なが みちさん

747

見ていただきありがとうございます(o^^o) ...

YyukoYさん

116055

いそがしい毎日が少しでも楽しくなりますように(^^)

桃咲マルクさん

74204

~cafe' fuu Manma~mamaの鍵ブ...

ひこまるさん

26770

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーディネー...

4児ママRomiさん

22997

大学生の長男、JK長女、小5次女、小4次男の母R...

なが みちさん

18711

見ていただきありがとうございます(o^^o) ...

YyukoYさん

116445

いそがしい毎日が少しでも楽しくなりますように(^^)

ひこまるさん

108195

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーディネー...

4児ママRomiさん

90952

大学生の長男、JK長女、小5次女、小4次男の母R...

roseleafさん

82154

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

桃咲マルクさん

78039

~cafe' fuu Manma~mamaの鍵ブ...