知りたい!教えたい!暮らしのアイデアがいっぱい!

コラム

ママ100人が教える!100発100中で子どもが寝つくテク

「子どもがなかなか寝ついてくれない…」というのは、多くのママが抱える悩みですよね。子どもが寝ついてくれないと親も眠れないから、そんな日が何日も続いたらさすがにツラくなってしまいますよね。
そこで、全国のママさん100人に「これをやったら100発100中で寝ついてくれた!」というテクを教えてもらいました! ぜひ参考にしてみてくださいね!

目一杯体を動かしたら、夜はぐっすり!

・「とにかく昼間に外へ連れ出して、ヘトヘトになるまで遊ばせることです」(50代女性・専業主婦)
­
・「とにかく体を動かして疲れ果てさせると、バッタリ&グッタリで眠ってくれます」(40代女性・専業主婦)
­
・「昼間にできるだけたくさん遊んで疲れさせておき、夜は興奮させないように布団へ入る」(30代女性・専業主婦)
­
まずは、「日中たくさん遊ばせておけば、疲れてぐっすり寝ちゃう」という一般的なテク。子どもは遊ぶことが仕事ですし、しっかり寝ついてくれるなら、明日からさっそく公園に連れて行って一緒に力尽きるまで遊んでみてもいいかもしれませんね!

“よしよし”して安心感を与える!

・「頭を撫でているとぐっすりと眠ってくれるので、いつもそうしています」(30代女性・専業主婦)
­
・「うちの子どもが小さいときは、髪の毛とおでこの境をゆっくり撫でるとすぐ寝つきました」(40代女性・会社員)
­
・「呼吸するリズムに合わせて背中を優しく撫でたり、軽くトントンと叩いたりしていました」(50代女性・パート)
­
撫でられたり、トントンとリズムに合わせて優しく叩かれると子どもは安心して眠りにつけるよう。かわいい我が子の寝顔に見とれて自分まで眠ってしまわないよう、気をつけましょうね!

意外と効果的!?ママが先に寝ちゃう!

・「自分が先に寝てしまうことです。親が起きていると、いつまでも遊んだり話したりして寝てくれないけれど、親が寝てしまうと追うようにすぐ寝るみたいです」(30代女性・専業主婦)
­
・「部屋を真っ暗にして、おもちゃも全部しまって、自分も寝たフリをする」(20代女性・専業主婦)
­
・「横で寝たふりをして寝息を聞かせると、隣で一緒に寝ついてくれる」(40代女性・専業主婦)
­
親が先に寝ちゃうのが効果テキメンとは意外ですね! 親が寝つかせながら深く眠ることは難しいかもしれませんが、休憩もかねて子どもを寝かしつかせることができたら一石二鳥かも?!

王道!絵本を読み聞かせながら夢の世界へ…

・「息子が3歳くらいのときは、部屋を薄暗くして一緒に布団に入り絵本を読み聞かせていると、そのままおとなしく寝てくれました」(50代女性・パート)
­
・「部屋の電気を消す前に、子どもが気に入っている絵本を読んであげることです」(30代女性・専業主婦)
­
・「絵本を読む、長めの本を1冊読む、です。そうすると、読み終える前に寝ついてしまうこと間違いなし!です」(40代女性・無職)
­
絵本を読み聞かせるというのは、いつの時代でも王道なよう。子どものお気に入りの絵本を見つけて、サササッと寝かしつけちゃいましょう!
­
いかがでしたか? お子さんに合う方法を早く見つけて、ママ自身がゆっくり過ごせる時間が確保できるようになるといいですね。
­
文/なほ
※20~40代の既婚女性100人を対象に暮らしニスタ編集部が行ったアンケート調査より
写真 - Fotolia.com

人気ランキング

暮らしニスタランキング

暮らしニスタとは

暮らしニスタアイデアリーダー

4児ママRomi

4児ママRomiさん

高3、高1、小4、小3の4児のママです。低コストでお部屋をリメイクするのが好きです。100均アレンジ、DIYが少々得意...

特に今、注目したい暮らしニスタを”姫ニスタ”と命名。素敵なアイデアが生まれる背景や、そのキャラクターを探ります。

三木芽久美さん

三木芽久美さん

レインボールームのインストラクターや野菜ソムリエ、アイシングクッキーの講師…など、さまざまな顔を持つ三木さん。子育てをしながらクリエイティブな毎日をパワフルに送っているハンドメイドの達人です。その意外な過去についてもお話しいただきました!

暮らしニスタへのご意見をお聞かせください。

ご意見が送信されました。
暮らしニスタ編集部では頂いたご意見を元に、暮らしニスタが安心&簡単&楽しくなるように機能を進化させてまいります。

※本文を入力してください。

+暮らしニスタへ意見を送る

返信をご希望の方は
お問い合わせよりご連絡ください。

乙女のお財布
家計簿

Copyright© KURASHINISTA All Rights Reserved.