知りたい!教えたい!暮らしのアイデアがいっぱい!

コラム

妻は見た!夫が夜な夜な行う “笑える” 美容法

女性は、「あの美容液がいい」と聞けばダッシュで買いに行き、「芸能人が使っているクリーム」と聞けばヘソクリで購入などと、美容に関して力の限りを尽くすもの。
けれどどうやら、男性でも美容に気を使っている人がいるようなのです。
そこで今回は、「夫が行う“笑える美容法”」について主婦100人に聞いてみました。民間療法的なものから、本格美容まで…男性たちの美に対する真剣な取り組みが目白押しですよ!

もったいないからヤメて~!高級美容液をビシャビシャ…

・「減るのが早いなと思って確認したのですが、夫が私の高い洗顔料で頭から足の爪の先まで洗っていました。“笑う”というより“怒り”ました」
­
・「私が使っている高い海外ブランドのスキンケア用品を内緒で使っている様子」
­
男性たちも肌のコンディションは気になるようで、やはり定番は「妻の基礎化粧品をこっそり使う」でした。なかには「毛が生えてくるようにと、美容液をこっそり頭に塗っていた」なんていう珍回答もありました。

女性顔負け!美容に熱心なオトコたち

・「奥二重を自慢している旦那。まさかアイプチを使って二重にしているとは思わなかった…」
­
・「夫が定期的にエステに行っていることを隠していました」
­
・「旦那が密かに美顔器を購入し、私に内緒で使っているようです」
­
密かに美容に気を使っている男性たちですが、その姿を想像すると、なんだかカワイイですよね…。

やっぱり「毛」が気になる!­

・「異様に鼻毛に執着をする夫は、鼻の入口から5㎜くらいまで鼻毛をいつもカットしています。けれど、お手入れをしすぎて荒れてきてしまったようで、クリームも塗りだしたりして、ちょっと気持ちが悪いです」
­
・「“笑える”というよりは非常に気持ちが悪いのですが、夫は週末の朝になると女性用脱毛器で髭の脱毛をしています」
­
・「『お腹の毛が気になる』と言い、シェーバーでキレイにカットしています。その姿が本当に笑えます」
­
女性はあまり気にしていないのに、本人たちが異様に気にしているのが「毛」。むさくるしいと言われるのがイヤなのか、毛深いのが自分でも気になるのか…、その理由はよく分かりませんが、その毛深さに男性の色気を感じる女性もある一定数いるので、剃ってしまうのは自ら“モテ”のチャンスを逃しているかも?

笑える“ケチケチ”美容法

・「冬場に肌が乾燥したとき、粉がふいているところに自分のツバをつけて粉ふきを直している」
­
・「『みかんの皮がもったいない』と言って、顔にのせてパックしています」
­
・「日本酒に含まれている麹が肌にいいからと言って、飲み残しを顔に塗っていました」
­
男性ならではのお金を使わない美容法。効果のほどはナゾですが、高い化粧品を買われるよりはいいかも!­

ナルシスト?謎の“自分大好き”行動

・「『毎日、鏡で全裸チェックをすると引き締まる』と言って、一生懸命ポーズを取りながらチェックしているのですが、痩せもしないし引き締まってもいない」
­
・「美容法ではないかもしれないですが、毎日、自分がかっこよく見える角度を探して自撮りをしている」
­
よく、ショーウィンドウなどに写る自分の姿をジッと見ている人がいますけど、ああいった姿は男女問わず、あまりいただけないですよね…。

効果不明な“珍”美容の数々

・「鼻の毛穴が黒ずんでいたのをなんとかしたかったようなのですが、スクラブを持っていなかったため、歯磨き粉を塗っていた(笑)」
­
・「夫はシミ消しのために、“ナガバハリフタバムグラ”という荒地に生える草を毎日ほっぺたに貼っています。ちなみに変化は一切ありません」
­
・「夫曰く『美容にはストレスが大敵だから、ストレスを溜めないように食べたらすぐに横になる!』だそうです。ただの怠け者です」
­
男性たちが取り組む珍しい美容法の数々ですが、なんだかどのエピソードも不器用な感じが滲み出ていてホッコリしてしまいますよね。
どうやら「少しでも美しくなりたい」と願うのは女性だけではないようなので、奥様たちも気持ち悪がずに、生温かく見守っていてほしいものです。
­
文/吉田直子
※暮らしニスタ編集部が既婚女性100人を対象に行ったアンケート調査より
写真© Tom Wang - Fotolia.com

人気ランキング

暮らしニスタランキング

暮らしニスタとは

暮らしニスタアイデアリーダー

なかじま ひでみ

なかじま ひでみさん

12歳の男の子と3歳の女の子の母です。 仕事をしながらお菓子教室に通って、あとは独学で勉強しました。 今はおうちで楽し...

特に今、注目したい暮らしニスタを”姫ニスタ”と命名。素敵なアイデアが生まれる背景や、そのキャラクターを探ります。

三木芽久美さん

三木芽久美さん

レインボールームのインストラクターや野菜ソムリエ、アイシングクッキーの講師…など、さまざまな顔を持つ三木さん。子育てをしながらクリエイティブな毎日をパワフルに送っているハンドメイドの達人です。その意外な過去についてもお話しいただきました!

暮らしニスタへのご意見をお聞かせください。

ご意見が送信されました。
暮らしニスタ編集部では頂いたご意見を元に、暮らしニスタが安心&簡単&楽しくなるように機能を進化させてまいります。

※本文を入力してください。

+暮らしニスタへ意見を送る

返信をご希望の方は
お問い合わせよりご連絡ください。

乙女のお財布
家計簿

Copyright© KURASHINISTA All Rights Reserved.